FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

コスプレしてセックス

出会い系で出会ったトオルとコスプレして、
セックスを愉しむのが最近のマイブーム♪
非日常的な格好にコスプレすると、違う自分になったみたいで、思いっきり感じまくったり、はしたないことをおねだりしたりできる。
トオルはかなりのコスプレ好きで、いろんなコスプレ衣装をたくさん持ってる。
超ミニのセーラー服とかナース服、体操着とブルマ。
お姫様みたいなレースとフリルのドレスっぽいコスプレ衣装やチャイナドレス。
トオルがラブホテルに持ってきたコスプレ衣装を着て鏡をみると、ちょっと恥ずかしいけど、すごく嬉しくなるんだ~。
だって、どのコスプレ衣装を着ても、似合ってるし♪
よだれをたらしそうな興奮した顔で、迫ってくるトオルをみているとぞくぞくしてくる。

オナニーしちゃう?
コスプレするだけじゃなくて、一応の設定みたいのもあって、先生と生徒とか、患者と看護婦とか、敵の兵士に犯されるお姫様とか、コスプレ衣装に合わせたシチュエーションを二人で考えるの。
今日は囚われのお姫様が敵になぶられるっていう設定。
コスプレ衣装は薄いひらひらのキャミソールドレスに、純白のパンティ。
コスプレっていうには、すごくシンプルだけど、鏡にうつった私は、おっぱいとパンティが透けていて、新婚の新妻みたいにいやらしかった。

立ったまま、手枷で両手を固定されて、期待と興奮で体を震わせる。
近くのローテーブルに、トオルがいやらしい道具をたくさん並べはじめた。
ローターパール入りバイブGスポットバイブアナルビーズローション手錠・・・。

ゆっくりとトオルが近づいてきて、私の体をぎゅっと抱きしめた。
私は体をよじって、トオルの腕から逃げようとする。
パンティの中に手を入れられて、おしりを直接わしづかみにされて、指がじわじわとおまんこに向かってきた。
「いやっ!やめなさい!」
強気を装っているけど、声がちょっと震えてしまう。
トオルは無言のまま、指でおまんこをなぞった。
ぬるりとした愛液の感触がどんどん拡がってきて、おまんこに指を入れてほしいと思っていたら、パンティから手が出て行ってしまった。
「淫乱なお姫様だ・・・。自分の手で俺のちんぽを受け入れる準備をするか?それとも、俺がていねいにほぐしてやろうか?おまんことアナル、どっちを使うかは俺次第だけどな。」
私はまだアナルをいじられたことがなかったので、ちょっと興味があった。
それで、トオルを睨みつけながら、
「誰がそんな汚らわしいものを受け入れるもんですか!」と叫んだ。
「ふーん。じゃあ、お姫様の汚らわしいところをみせてもらおうかな。」
キャミソールドレスに手をかけたトオルは、びりびりと引き裂いた。
パンティも脱がされて、裸よりいやらしい姿で立たされた私は、アナルにローションを塗られて、浣腸器を差し込まれた。

生温かい浣腸液がアナルから腸内に入ってきて、ぐるぐると音を立てている。
アナル栓をぐりぐりと押し込まれて、私は悲鳴をあげた。
「こんなのありえない!早く手を解いて!」
おなかが苦しくて、もう演技してる余裕はなかった。
「お願い・・・許して・・・トイレに行かせて・・・。」
トオルは必死で懇願している私の顔を至近距離でみつめながら、おまんこに指をのばした。
「こんなにおまんこびちゃびちゃにして、許してはないだろ。」
おまんこにパール入りバイブを押し込まれて、ますますおなかが苦しくなる。
苦しくて、気持ちよくて、おかしくなりそう・・・。

「クリトリスにもローターをあててやろうな。イったら、アナルを解放してやる。」
今にもアナル栓から飛び出しそうなくらい、熱いものが腸内に渦巻いている。
クリトリスにローターを押し付けられて、おまんこにバイブを咥え込まされて、右の乳首をちゅうちゅう吸われて、私は頭が真っ白になるくらいイってしまった。
「はあっ・・・はあっ・・・イきました・・・。」
「イく前に、ちゃんといわなくちゃ、わかんないだろ。」

今度は左の乳首をしゃぶられて、おまんこに咥え込んだバイブを激しく出し入れされると、私はすぐにまたイきたくなって、
「イきますっ!イっちゃいますぅっ!」
大きな声で叫んだ。
おまんこからバイブが抜かれて、代わりにトオルのちんぽが入ってきた。
イく直前にちんぽを挿入されたせいで、私のおまんこはひくひくしながら、トオルのちんぽをしめつけてしまう。
軽くイったものの、全然物足りなくて、私はトオルがちんぽを動かしてくれるのを待った。
おなかの痛みもひどくなってきているし、早くアナル栓を取ってほしい。
「イったみたいだから、約束通り、アナル栓を取ってやるよ。」
「イヤ!ここでアナル栓を取られたら・・・。」
トオルの手は容赦なく、アナル栓を抜いてしまった。

タイル張りの床に、びちゃびちゃと私の排泄物が放出される。
脱糞している顔をじっとみられて、恥ずかしさと興奮で涙がにじんだ。
下半身を排泄物まみれにしたまま、トオルに駅弁のような体位で両足を抱え上げられ、ずんずんとおまんこの奥を突かれると、気持ちよくて蕩けてしまいそうで、口の端からよだれがたれた。
「淫乱なお姫様!これからじっくり調教して、俺の性奴隷にしてやるよ。」
トオルに耳元でささやかれながら、私は何度もイった。

実際、こうやって、コスプレエッチでちょっとずつ調教されて、トオル以外の男の人とセックスしても、イマイチ満足できない私は、すでにもうトオルの性奴隷なのかもしれない。

あなたのH度検定します♪

人気ブログランキングへ

88%の女性がイキ続け、「もう一回して・・」と100%言われた男が明かす!【快感絶頂操作法】















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

お気に入りに追加




最新記事

LCLOVE COSMETIC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。